巨大噴火、今後100年間で1% 研究発表

噴火後に地形が陥没するカルデラができるほどの巨大噴火が今後100年間に

日本で発生する確率は約1%とする研究結果を神戸大学大学院の研究グループが

発表しました!

過去の巨大噴火の時期などをもとに推計したもので、過去に起きたものと同じ規模の

噴火が九州の中部で発生した場合、大規模な火砕流が発生し、東日本でも20センチ以上の

火山灰が積もるとしている。




とりあえず、20年の間は勘弁して下さい!w
スポンサーサイト


読んだらポチッとなっ!して下さい♪
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ



コメント


管理者のみに表示

トラックバック