スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


読んだらポチッとなっ!して下さい♪
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ



ジョン・タイターの予言がずれている件

ジョン・タイターのタイムマシンは、過去でも未来でも移動先に60年以上を設定すると世界線のズレが大きくなり過ぎてしまい、全く違う世界へ着いてしまうと言う。

全く違う世界とは、自分たちが知っている歴史とは大きくかけ離れた世界であり、このようなことにならないように、タイムトラベルが出来る範囲は60年と設定されている。

移動した時に世界線のズレが生じるのは、自分が元いた未来の世界線へ帰る時も同様で、全く同一の世界へ帰れるわけではない。

少しでも少ない誤差で帰還するためには、一度自分がやってきた時間と場所に戻る必要がある。

タイターの場合であれば、まず1998年に戻り、そこから1975年に戻ってから、2036年に戻ることになる。

なお、タイムマシンとは重力制御装置であり、潮汐(ちょうせき)力が地球の重力に影響を与えているため、

帰還するタイミングは1年に2回しかないという。

このことを踏まえ、事実はタイムトラベラーにより、少しずつずれていくことがわかります。

2020年の日本地図までもが、2000年には予想できない地図になっています。

まさに、福島原発の問題を予想していたかのように。。。。

詳しくはこちらまで。(外部サイト)

スポンサーサイト


読んだらポチッとなっ!して下さい♪
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ



コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。